未来への希望,栄誉

再び文学賞を受賞できますか? いつごろですか?

【ご依頼の内容】

学生のときにちょっとした文学賞を受賞して以降、
文学の方面でなかなかぱっとしません。
現在アマチュアなので、
もう一度文学賞を獲って作家としてやっていきたいと思いますが
願いは叶いそうでしょうか。

作家としてやっていくこと、と
文学賞を受賞することはまた別の問題なのかもしれませんが
いろいろと閉塞を感じている中、
とにかく文学賞というきっかけがまずは欲しい、
そしてその先に、小説を仕事にして行くことができれば…
と思っています。

まずは作家になるためのよいきっかけ(文学賞受賞など)は得られるでしょうか。
叶うならそれはいつごろでしょうか。

鑑定、よろしくお願いいたします。



--- 返信 ---

> まずは作家になるためのよいきっかけ(文学賞受賞など)は得られるでしょうか。
> 叶うならそれはいつごろでしょうか。

と,いうことですので,質問を整理するという必要もないようです。

「ご本人」と,文学賞の受賞などをきっかけにしたいとのことですから
「名誉」について,中心に見ていきたいと思います。

上記でよろしいでしょうか?
なにか違和感はございませんでしょうか?

このままで問題がないのであれば
メールを確認し,内容を理解した
「20xx年xx月xx日 XX:08:52 佐賀市」でチャートを建てたいと思います。

2010年 10月06日(種別:未来への希望,栄誉)



【 鑑定結果 】

はじめに……
括弧で囲まれた箇所は,それを導いた理由を私が分かりやすいように記していますので,意味を捉える必要はありません。読み飛ばして頂いて構いません。

 
今回のチャートでは,太陽が,ご依頼者本人を表しています。自己表現を表す天体でもあります。金星が業績や名声を,月が希望や幸運,他者からの称賛を表します。現在,望まれている文学賞の受賞ということでは,金星と月は同じような意味を持つと考えて良いでしょう。

太陽と金星,もしくは,太陽と月のアスペクト/関わり合いが重要となります。

まず,太陽と金星ですが,残念ながらアスペクトはありません。これは現段階では何も起こらないということを表しています。しかし,潜在的に○○○○さまと受賞や業績には好ましい関係があります。ただ,いまは,一時的にその時期ではないようです。(Fall)
これまでも,対人関係,健康問題,心配事,逆に他の楽しみなどがあって,集中できなかった可能性もあります。(土星の意味と,セパレートのコンジャンクション)

次は,太陽と月です。アスペクトはありますが過去のものです。ホラリー占星術で期間を占うことは出来ますが,非常に難しい部分です。過去の受賞や評価を得たのが,7〜8年前だったのではないでしょうか? 期間の単位は「月」「週」「日」と置きかえて頂いても構いません。(土星とのアスペクトで長いスパンで判断)

上記のように,太陽とのあいだに有効なアスペクトを作る天体がないことから「文学賞などを受賞できますか?」と問われたら,「現在のままでは無理でしょう」と答えることになります。

しかし,チャートの出発点(Asc.)と,各天体にはフォローする恒星が近くに存在しています。恒星は遠く遥かで光を放っていますから,恒星の影響がでるまでは時間がかかるとされています。このチャートでは恒星の影響,それを期待しても良いのではないかと思わせます。なぜなら,本人,成功,幸運を表す3つのファクターそれぞれに良い意味の恒星が,完全とは言わないまでもコンジャンクションしているのですから。これは,そうあることではありません。

金星にタイトに接近中の火星があります。その場合,火星にも意味が込められていると解釈します。このチャートでの火星の意味はハウス3の「情報,書籍」のほか,「思想,哲学,出版業」,同時に「結論」の意味とも取れます。(ハウス9,ハウス4 のロード)

火星と金星からは,2年以内に受賞や出版があると読み取れます。太陽とハウス10にある PoF/幸運なポイントからは3年以内です。PoFのディスポジタ/PoFの位置するサインのルーラの水星の状態もよく,資産を表す位置にあり,その面でも期待できると思います。が,しかし油断だけはしてはなりません。(水星の性質とエクストラ・コンディション)

直近で太陽の状態が良くなるのは,現在の天秤,次の蠍を抜けて射手に入ってからです。11月23日までは調子が上下する不安定な時期でしょう。


最終的な結論としては,太陽に接近する金星も月もありませんから,このチャートで正確な時期を判断することは出来ません。いま,焦っても状況は変わらないと思います。しかし,時間はかかるかもしれませんが,準備を進めていけば追い風は吹くでしょう。ご自身でタイムリミットを決めて入賞や出版を目指しては如何でしょうか? 可能性はあると思います。

以上です。

つづき,詳細を見る

|

+---

|